墓石の歴史 静岡

時代の流れとニーズに合わせて変化する墓石 静岡

静岡で墓石を探す前に

墓石の歴史 静岡

墓石の歴史は長いです。

仏教が日本に伝わってきた時に、一緒に石工技術も伝わってきて、墓石が立てられるようになりました。

平安時代になると、階級の高い人たちは、自分たちの墓石を立てはじめます。

その中には、五輪塔、多宝塔といった墓石があります。

その後、鎌倉時代から室町時代にかけて位牌と戒名が中国から伝わってきます。

その影響で、今の墓石によくみられる角柱型の墓石が建てられるようになりました。

江戸時代には、一般の人の間でも、供華や葬儀などの儀式が一般化されるようになり、墓石も普及していくようになりました。

時代の流れと共に、墓石のもつ意味も変わってきて、当初は仏の加護の証として見られていたのが、江戸時代には、仏として礼拝の対象になる墓石に変質していったのです。

明治時代になると、墓石は家族単位で建てられるようになります。

また公園型のお墓もできるようになります。

戦後には、民営の霊園も作られるようになり洋式のお墓も、見られるようになりました。

今は、型にはまった従来の墓石だけではなく、個人の希望に合わせた墓石も多くみられるようになっています。

このように、静岡墓石は時代の流れと共に、ニーズに合わせて変化していっています。

静岡県でも色々な墓石を見ることができます。

お墓デザインコンテスト連続入賞!牧之原石材

< お役だち情報サイト >
古代エジプト遺跡

Copyright (C) www.thecraftykook.com. All Rights Reserved.

静岡で墓石を探す前に